beityu_s

米中激戦! いまの「自衛隊」で日本を守れるか

amazon

ベストセラーズ
1,404円
256ページ
出版社:ベストセラーズ (2017/5/26)
ISBN-10: 4584137986
ISBN-13: 978-4584137987
発売日: 2017/5/26

 

米中激戦! いまの「自衛隊」で日本を守れるか

ranking

“日本”が危ない! !
国際政治学者×元米陸軍大尉が緊急提言!

(本の紹介の為に公式用に撮影した対談映像)

朝鮮半島、台湾、南シナ海……
アメリカと中国の戦いは、もう始まっている―
国際政治学者が占う、「東アジアの悪夢」とは?
元米軍陸軍大尉が語る、「自衛隊の弱点」とは?
地政学、政治学、軍事作戦から、日本の防衛を考察する一冊。

●着々と実力を伸ばす中国
●中国に力を与えてしまった日米の大罪
●中国防衛費の激増とアメリカの弱み
●米軍を守るためにある自衛隊
●日本の仮想敵国はすべて核保有国
●「セキュリティ・クリアランス」の大問題
●死んでいる憲法九条 etc.

【言論TVでの本の紹介】


leaf
注文書ダウンロードはこちら

497_日米対等_オビ_再校.indd

日米対等 トランプで変わる日本の国防・外交・経済

amazon

祥伝社
842円
208ページ
出版社:祥伝社(2017/02/01)
ISBN-10:4396114974
ISBN-13:978-4396114978
発売日:2017/02/01

2017年1月20日、アメリカではトランプ大統領が誕生した。
世間がヒラリー当選を予想する中で、一貫してトランプ当選を確信していた著者が、アメリカは力強く復活すると断言。そして、日本にもチャンスであると説く。
Continue reading

tisei3

あなたも国際政治を予測できる! 最強兵器としての地政学

amazon

発売たちまち3刷り!好評発売中!

★御陰様で【丸善 丸の内本店ベスト10(2016年9月15日-9月21日)ノンフィクション部門3位】になりました。
朝鮮戦争・ベトナム戦争から現在進行中の南シナ海紛争まで、そのカラクリが、類書にないオリジナルのチャートと地図で一目瞭然! 二色刷!
目からウロコの地図満載!現実を直視し“九条真理教”を捨て、“海洋国家”日本に目覚めよ!!
リーマンショック、クリミア併合、英EU離脱など数々の事件を予測した国際政治学者・藤井厳喜がおくる「地政学」入門書の決定版!
Continue reading

201681

「国家」の逆襲 グローバリズム終焉に向かう世界

amazon
新書: 251ページ
出版社: 祥伝社 (2016/8/1)
言語: 日本語
ISBN-10: 4396114745
ISBN-13: 978-4396114749
発売日: 2016/8/1

イギリスのEU離脱、パナマ文書公開によるタックスヘイブンの崩壊、アメリカ大統領選挙における「トランプ」現象、中国の軍事侵略―一見、脈絡がないように見えるこれらの事象は、大きな水脈で、一つにつながっている。
Continue reading

seijigakunyumon

若い有権者のための政治入門 18歳から考える日本の未来

amazon

単行本(ソフトカバー):160ページ
出版社:勉誠出版(2016/4/22)
ISBN-10:4585230424
ISBN-13:978-4585230427
発売日:2016/4/22

4月22日発売『若い有権者のための政治入門』勉誠出版(税込972円)四六判・160 頁
藤井厳喜YouTube講座「国民の為の政治学講座」が入門書の形で分かりやすい本に!

Continue reading

sekaikyoukou2

世界恐慌2.0が中国とユーロから始まった

amazon

ソフトカバー単行本:255ページ
出版社:徳間書店(2016/3/30)
ISBN-10:4198641188
ISBN-13:978-4198641184
発売日:2016/3/30

『世界恐慌2.0が中国とユーロから始まった』
チャイナのバブル崩壊が引き金を引き、脆弱なヨーロッパ金融界を再び破綻の淵に追い込む。
これを更に悪化させているのが原油価格の低迷である。
欧州ユーロ発で世界恐慌2.0が始まる。
2008年リーマンショック以上の激震の可能性大。
Continue reading

hunsou

紛争輸出国アメリカの大罪

amazon

新書: 237ページ
出版社: 祥伝社(2015/11/2)
ISBN-10: 4396114451
ISBN-13: 978-4396114459
発売日: 2015/11/2

世間にはアメリカを陰謀国家呼ばわりする識者もいるが、私が見るところ、アメリカがそれほど思慮深く、手練手管に長けているわけではない。
腕力だけはヤケに強いが、あまり賢くないために、自分で新たな脅威を次々に作り出していく「迷走する巨人」、それがアメリカなのだ。
結果的にも自国の利益になってはおらず、愚かとしか言いようがない。

Continue reading