hunsou

紛争輸出国アメリカの大罪

amazon

新書: 237ページ
出版社: 祥伝社(2015/11/2)
ISBN-10: 4396114451
ISBN-13: 978-4396114459
発売日: 2015/11/2

世間にはアメリカを陰謀国家呼ばわりする識者もいるが、私が見るところ、アメリカがそれほど思慮深く、手練手管に長けているわけではない。
腕力だけはヤケに強いが、あまり賢くないために、自分で新たな脅威を次々に作り出していく「迷走する巨人」、それがアメリカなのだ。
結果的にも自国の利益になってはおらず、愚かとしか言いようがない。

本書は戦前・戦後を通じ、アメリカ自身が原因となって、起こらなくてもいい余計な戦争・紛争を、どれだけ世界に巻き起こしてきたかを説く、いわば「アメリカ外交の失敗史」である。

目次
第1章 オバマの大失言が呼び込んだ南沙諸島紛争
第2章 怪物アルカイーダと「IS」の正体
第3章 「大きなお世話」が生んだ「アラブの『厳冬』」
第4章 「ウクライナ」におけるアメリカの責任
第5章 シリア攻撃をめぐるオバマ政権の弱腰
第6章 「太平洋戦争」も、アメリカが仕掛けた罠だった
第7章 対日戦の終戦処理を誤った米英の大罪
第8章 しなくても済んだ、朝鮮戦争とベトナム戦争
第9章 ニクソンが作った中国というフランケンシュタイン
終章 「迷走する巨人」アメリカと日本

Posted in books, アメリカを知りたい.