sekaikyoukou2

世界恐慌2.0が中国とユーロから始まった

amazon

ソフトカバー単行本:255ページ
出版社:徳間書店(2016/3/30)
ISBN-10:4198641188
ISBN-13:978-4198641184
発売日:2016/3/30

『世界恐慌2.0が中国とユーロから始まった』
チャイナのバブル崩壊が引き金を引き、脆弱なヨーロッパ金融界を再び破綻の淵に追い込む。
これを更に悪化させているのが原油価格の低迷である。
欧州ユーロ発で世界恐慌2.0が始まる。
2008年リーマンショック以上の激震の可能性大。

2016年は「恐慌2.0」の年として記憶されることになるだろう。
年初からの中国株暴落から原油安、さらにユーロ不安へと発展した負のサイクルは金融市場をパニックに陥れた。
日銀がついにヨーロッパに追随してマイナス金利を決定した。世界中がこれからマイナス金利になっていくだろう。デフレ恐慌への転落である。世界は、リーマンショックをはるかに超える悲劇の第2幕に突入する。ユーロ圏から近代資本主義の根幹がこれから崩れていくのである。

本書のポイント
・ドル建てで見れば縮小している世界経済
・COCO債はユーロ崩壊の時限爆弾である
・英国が離脱すればEUは崩壊へと向かう
・元高政策なのに利下げというジレンマに陥ったチャイナ
・チャイナは債務大国である: 世界一の外貨準備のトリック
・AIIBはIMF体制への挑戦
・チャイナ企業によるM&Aはキャピタル・フライトとマネーロンダリングだ
・今、起きている原油安は「逆オイル・ショック」だ
・EUの自壊と死に瀕するヨーロッパ文明
・「市場vs 国家」の戦いでは、国家が優位になりつつある

中国株暴落から、原油安、ユーロ危機へと伝播した負のサイクルは金融市場をパニックに陥れた。
世界はマイナス金利からデフレ恐慌へと転落するしかなくなった。
中国発のバブル崩壊はユーロへと連鎖―リーマンショックをはるかに超える悲劇の第2幕が世界を震撼させる!

世界恐慌2.0が中国とユーロから始まった──【全目次詳細】

まえがき 1
第1章 人類未踏のマイナス金利に突入した世界
マイナス金利政策は日銀の狙いと真逆の円高株安をもたらした 16
金利低下でも安全資産としての日本国債に資金が流入して円高に 20
日本だけではなく世界中がマイナス金利、ゼロ金利の時代に入った 22
水面下に沈むヨーロッパの国債金利 24
ドル建てで見れば縮小している世界経済 26
債券のリターンが落ち込み、株価時価総額は2倍にまで上昇したが…… 28
世界的な超低金利の長期化は需要不足が原因 29
金融緩和ではなくケインズ経済学の有効需要政策が必要 30
金利で稼ぐ時代が終焉した後の投資戦略 33
第三世界のインフラ投資が日本製造業の発展分野 37
ルービニ教授が「大ケインズ政策」の発動を提案 38

第2章 ユーロ発の世界恐慌がやってくる
欧州から世界金融危機第2幕が始まった 42
COCO債はユーロ崩壊の時限爆弾である 46
もはやドイツ銀行は国有化されるしかなくなった?! 48
欧州の行方を阻むドイツ財政規律主義の正体はオルド自由主義 52
オルド自由主義者は、国家が強制しなければ自由はないと考える 54
ドイツのオルド自由主義をユーロに導入すれば悲劇が起きる 55
46年ぶりに均衡財政を実現させたドイツの独りよがり 57
難民危機と金融危機のダブルショックで沈む欧州 58
ようやく始まった難民の流入制限 59
「難民を拒否しない」と言ったメルケル独首相の大失策 60
ドイツは難民をトルコに押しつけようとしている 63
これはヨーロッパの人権主義の敗北である 64
深化し拡大するばかりの欧州金融危機 66
ヨーロッパはまだ銀行の不良債権問題が解決できていない段階 68
英国が離脱すればEUは崩壊へと向かう 72

第3章 中国はすでに終わっている
中国の株式バブルは、ついに崩壊へ 76
実体経済と乖離した株価上昇はバブルの証明 78
中国共産党は株式市場を完全に殺した 80
元高政策なのに利下げというジレンマに陥った中国 82
ドル資金が切れれば、人民元高も中国バブルも崩壊へ 84
急激に減り続ける中国の外貨準備 85
貸し倒れ引当金に圧迫される中国の金融機関 87
中国は債務大国である──世界一の外貨準備のトリック 89
アジアインフラ投資銀行(AIIB)はIMF体制への挑戦 93
AIIBは「一帯一路」と表裏一体の侵略主義の道具 94
中央アジアはすでに中国の帝国主義に飲み込まれつつある 97
AIIBは開店休業状況に追い込まれる可能性が高い 98
「質の高いインフラ・パートナーシップ計画」でAIIBに反撃する日本 100
中国共産党中枢に直結するAIIBは透明性ゼロ 105
中国の属国化を推進するイギリスのオズボーン財務相 106
イギリスは中国の属国に成り下がった 107
中国との平和共存を選んだオバマの意志欠如外交 109
没落貴族イギリスは新興成り金の中国に拝跪した 111
習近平訪英のバランスシート──影の主役であった日米 113
独仏首脳が相次いで中国物乞い外交に走った 116
世界ウイグル会議のカーディル総裁が東京で習近平の訪英を批判 118

第4章 人民元のSDR通貨採用という世紀のペテン
人民元をSDR構成通貨に採用したIMFの愚かな決定 122
SDR通貨入りで、人民元でAIIB投資ができる環境が整った 126
中国企業によるM&Aはキャピタル・フライトとマネーロンダリングだ 128
ホンハイのシャープ買収もキャピタル・フライトである 130
ゴールドマン・サックスがBRICsファンドの閉鎖を決定した 133
カタール政府系ファンドの巨大評価損も中国バブル崩壊が原因 135
世界を震撼させた国際ブラック企業グレンコア株の急落 136
中国バブル崩壊に密接に関連するグレンコア株の暴落 139
不動産王・李嘉誠がついに中国を見捨てた 141
中国はいま戒厳令下にある 143
バブル崩壊の崖に向かって疾走する中国経済 144

第5章 逆オイル・ショックが世界を襲う
今起きている原油安は「逆オイル・ショック」である 150
OPECは既に死んでいる 150
構造的な原油の供給過剰はなぜ生じたのか? 152
スイング・プロデューサーの役割を放棄したサウジアラビア 153
石油メジャーのエクソンは事態をどう見ているか? 156
原油安で米シェール業界が苦境に陥った 158
原油価格はいつ大底を打つのか──米投資専門誌「バロンズ」の原油価格予測 161
サウジアラビアはシェールオイル潰しに動いた 164
ようやく見えた原油価格と金利の大底 165

第6章 金融正常化革命が起きている
金融正常化革命を伝えない日本の経済ジャーナリズム 170
リーマンショックで暴露された格付け会社のインチキ 171
ヘッジファンドのインチキ──ソロスはデリバティブを使わない! 174
欧米の大手銀行が治外法権のファンドに手を出した 176
国際金融機関の頂点にあるIMFのインチキ 178
相次ぐ不正摘発とますます強化される金融規制 181
バンク・オブ・アメリカにも新たな不正疑惑 183
巨額賠償金請求に苦しめられる金融機関 184
ついに銀行が大口預金を断る時代が到来した 186
銀行はタックスヘイブンに繋がるアングラマネーの拒否に動いた 188
金融機関も企業も本業に回帰してゆく時代 189
大幅に業務を縮小するドイツ銀行とクレディ・スイス 190
欧州金融界を襲う人員削減と制裁金の嵐 192
イギリス金融業界の見るも無残な没落ぶり 194
暴かれたイングランド銀行の不正行為 196
米FRBの銀行監督機能にも抜本的改革 197

第7章 国際FATCA体制でタックスヘイブンが消える
米内国歳入庁(IRS)が租税情報の自動交換を開始 202
米FATCAの始動で不正な金融取引の摘発が続く 204
ドッド・フランク法によって公的資金なしに金融機関の清算が可能になった 209
欧州銀行同盟の成立と「ベイルイン」の本質 210
スイスはなぜ自国通貨防衛を放棄したのか? 212
スイスの銀行にお金を預けると利子を取られるようになった 214
FATCA体制の確立で、もうスイスにお金は集まらない! 215
FATCA体制で縮小するプライベート・バンキング 217
米FRBが大手銀行に自己資本の積み増しを義務付け 218
日本の3メガバンクは新たな自己資本比率規制をクリアできるか? 220
米議会の一部にFRB監査法案の動き 221
多国籍企業の税逃れを防止するBEPSプロジェクトが始動 225
日本のマイナンバーもBEPSプロジェクトの一環 226
EUでも多国籍企業租税情報の共有化が決定 229
「日本経済新聞」のBEPS報道の情報歪曲 230
金利スワップの店頭取引規制がついに実現 232

第8章 グローバリズムの終焉と国家の復活
EUの自壊と死に瀕するヨーロッパ文明 236
ユーロ・エリートが自らユーロを崩壊させている 238
「市場vs国家」の戦いでは、国家が優位になりつつある 243
グローバルな資金移動が世界経済を不安定化させてきた 244
ヒトのグローバルな移動の自由化が混乱を生み出した 245
押し寄せるイスラム系難民に打つ手がなくなったヨーロッパ 247
モノのグローバル化への反動が起きている 250
もはやパラダイム転換なしにはすまない地点にまで世界は追い込まれた 252

あとがき 254

Posted in books, 国際関係の深さを実感したい.